Top > メニュー > 職業も大事ですが・・

職業も大事ですが・・

住宅ローンの返済については期間が長いですから、安定した職業に就いていることが良いとされます。

住宅ローン審査で、どの職業なのかが基準に含まれます。職業によっては審査に通らないこともありますので、詳しく調べておきましょう。

審査をパスできる職業などについては、金融機関が個々に決めています。どのような金融機関にしても、充分な年収が得られるということが条件であるのは当然です。

とは言え、正社員でない派遣社員や契約社員は、審査の対象になることが多いと言われています。

さらに、パートやアルバイトで収入を得ている人、また無職であれば、住宅ローンの審査に通らないことになります。

自営業であっても審査に通らないケースが往々にしてあります。

サラリーマンに代表される給与所得を得る人との比較で、長い期間ずっと安定収入があるかという点で劣ると判断されるからです。

自営業者が住宅ローンを申し込もうとする場合、過去3年間分の確定申告書であったり納税証明書を提出しなくてはなりません。一定の収入をキープしていることを明らかにすることが目的のため、経営がうまくいっている時期に申し込んだ方が良いでしょう。

住宅ローンの審査にはまず通らないと考えられている職業であっても、適切な対策をとることにより認められる期待が広がります。

貯蓄に取り組み貯金額を高めていくことや、頭金の割合を多めにするということが必須の対策です。それから、審査を受ける前に片付けられるローンが存在するなら、完済を達成してローン残高を可能な限り減らしましょう。

そしてクレジットカードで解約できるものは整理し、キャッシング枠を減らしておくことも有効です。

職業を初めとする条件があまり有利でないとしても断念せず、有利に働く材料を選択していきましょう。