Top > メニュー > 担保を持っている人でも・・

担保を持っている人でも・・

住宅ローンの審査がされる時には担保が要求されます。

住宅ローンの担保は融資を行うと共に、該当する物件に抵当権が設けられることによって済まされます。

抵当権が定められた物件は、住宅ローンの返済が困難な状態に陥った際にローンに充当されることになります。

そういうわけで、担保物件の評価が低いにも関わらず借り入れ希望金額が高い場合は住宅ローン審査に通らないわけです。担保物件が低い評価を受けると、ローンの支払いが不可能な際に担保不足となるので、金融機関は損失を被るからです。

新築物件を買うために住宅ローンを申し込む場合には、あまり問題はありません。面倒なのは、中古物件の購入する時の住宅ローン審査基準と言えるでしょう。

担保の評価が低い中古物件の購入を考えている人で担保が不足すると、審査が通らない形になります。中古物件は戸建てでも評価が低くなりますが、マンションの下落率の方が酷いと言われています。

戸建の方が土地の価格を備えているので、評価額の変動は少ないと言えるでしょう。

金融機関における住宅ローン審査では、中古物件を新規で申し込む際は特に敷居を高くしています。でも、借り換えをする時は異なり、新規の場合よりは相当審査基準が緩くなります。

物件の査定が中古物件のポイントになり、借り入れの希望額に見合う査定額でなければ審査が通らない場合が頻繁に見られます。

査定額が借りたい金額を非常に下回る状況では、減額するよう促されるかもしれません。住宅ローンの借り換えの時には、自己資金の割合を増やせば審査をクリアしやすいでしょう。