Top > メニュー > 中古物件をお考えの方

中古物件をお考えの方

住宅ローンの審査はローンを申し込む人だけが対象なのではなく、中古の購入物件や新築物件などにも適用されます。

住宅ローンの審査が可能なのは、市街化区域に建つ一戸建てかマンションとなります。それ以外の区域に建っている物件はローンの審査が通らないという認識は間違いで、住宅ローンの対象に入っていないということを指すのです。

市街化区域ではない土地は、市街化調整区域と呼ばれています。

山林地帯や農地といったところが市街化調整区域であり、市街化調整区域に建物は建築できないことになっています。加えて建築基準法などについて守っていない違法物件は、住宅ローンの審査に通らないでしょう。

建築基準法に関しては、建ぺい率や空き地確保のような事項についての制約が定められています。

一般の人には把握しきれないような部分もありますから、専門家に話をするのが無難でしょう。

住宅ローンの対象としては中古物件も該当しますが、審査基準があいまいでそれぞれの金融機関によって変わります。新築物件か中古物件化により金額、金利、返済期間などに差異が生じることもあります。

中古物件だと希望する額ではローンの審査が通らない可能性が考えられますので、事前の調査が必要です。

多くの金融機関で住宅ローンを扱っていますが、住宅ローン融資の定義が同様ではないのでいろいろ調べてみましょう。

審査をパスできるか否か申請を済ませる前に予想できることもあります。

店舗用の新築物件・競売物件、さらには土地だけの購入資金・借地権が設けられている土地に構える物件・リフォーム物件なら、審査が通らないかもしれません。