Top > メニュー > 返済能力を示すことが大事

返済能力を示すことが大事

住宅ローンを組みたくても審査が通らないのは、返済能力に欠けていると受け止められたためです。

考慮される基準としては勤務状況を見られることになります。勤務状況というのは、勤務先の規模や経営状態、さらに勤続年数によって見極められます。

勤続年数が3年より少なければ、住宅ローンの審査が通らない場合が一般的のようです。しかしながら今の雇用状況から言って、違う審査基準を充分にクリアしている際などに基準を下げてくれるという金融機関もあります。

勤続年数が少ないために住宅ローンの審査が通らないとしても、外資系の金融機関であれば通るかもしれません。転職に対する視点が国内企業と同様ではないからです。

日本企業は一箇所で長く勤めることで信用が高くなりますが、外資系では転職がキャリアアップと判断されるのです。自らの勤務状況に目を向けて、国内か外資系かどちらの金融機関が都合が良いのか考えましょう。

職業や勤務先の企業についての判断基準は明確です。

世の中において信頼度の高い弁護士がトップで、その次に医師・公務員・会社員という順番で審査で承認を得やすいと見られています。

会社員のうち、役職付きかそうでないかなどの社内で置かれている地位などにより審査結果が異なってきます。安定収入と判断されにくい自営業者は、住宅ローンの審査が通らない結果となることがあるようです。

この他、勤務先が大きいかどうかも重要な判断基準となります。

強固な基盤を築いていると捉えられる上場企業であったり、上場企業でなくとも知名度の高い企業なら審査基準に合格可能です。

勤めているのが中小企業であるなら、安定している企業だと認めてもらうことが重要です。

勤務先の経営資料などを提出することが求められる場合もあります。