Top > メニュー > 返済比率や返済負担率について

返済比率や返済負担率について

住宅ローン審査に必要な基準に、返済比率や返済負担率を挙げることができます。

同じ意味の言葉ですが、住宅ローンの年間返済額が年収額のうちどのぐらいのパーセンテージを示すのか算出したものです。

返済負担率は3割が限度で、さらに35%と数値が高くなると返済条件に引っ掛かり審査に通らないことが多いようです。この時注意する点は、他に組んでいるローンがあればその返済額も合わせて考えられる点です。

不思議にも思えますが、実際の利用がなくてもキャッシュカードに用意されているキャッシング枠についても決まった割合で組み込まれてしまうという盲点があります。

用意されたキャッシング枠の中で5%がローンと判断されますから、要らないカードがあるのでしたら、契約をやめるような対策を講じるべきでしょう。

返済負担率が仇となり住宅ローンの審査が通らない不安がある場合、2つの予防策があります。
年間の返済額を少なくすること、年間に受け取る収入を豊かにすることです。

この年間の返済金額を軽減する対策としては、3種類提案することができます。頭金を増額させる、返済期間を増やすこと、別の返済方式にすることです。

頭金を増やすことで借り入れ金額を縮小させるのは、安定感がある方法でしょう。返済期間を引き延ばして1年ごとの返済金額を小さくすることは、支払い総額が増えてしまうデメリットがあります。

元金均等返済方式と元利金等返済方式を対比させた場合、元利金等返済方式の方が最初の10年の返済負担率については低く抑えることが可能です。

年収を増やして返済負担率を減らすには、妻などの収入を加味する手段があります。
収入合算と称したり、夫婦合算と言う方法です。

返済負担率が原因で審査が通らないのは、長い期間返済できるかどうかで信用度が低いということです。基準を満たせるかどうか自信を持てない人は、色々とシミュレーションを行いましょう。