Top > メニュー > 審査合格には健康な体が重要

審査合格には健康な体が重要

健康な体とはいえないという判断がなされると、住宅ローンの審査は通らないのです。

長期に渡る返済が可能なだけの体力があるか否かを見極められるのです。住宅ローンを利用するためには、団体信用生命保険の加入が欠かせません。

この保険に加入していない状態でも住宅ローンを行える金融機関もありますが、滅多にないでしょう。

団体信用生命保険は、住宅ローンを支払っているあいだに契約を交わしている人が死亡したり高度障害になるとローン残高を支払わずに済むものです。

本人に代わって全額を支払ってもらえるので、ローン残高を心配する必要がなくなります。住宅ローンを揃えている金融機関からしても、ローンを回収できないリスクがなくなるため、デメリットがないのです。

団体信用生命保険は、何項目かの加入条件が挙げられます。

このうち、過去3年以内において手術や2週間以上医師による治療、投薬などがあったかについて、また障害が見られるかどうかなどの判断基準が存在しています。

加えて、過去3ヶ月以内のあいだに医師の治療や投薬を受けている場合は、その内容も加味されます。

そうした状態であれば団体信用生命保険の加入ができませんので、同時に審査に通らない結果となります。

ただ、住宅ローンを申し込む人の年齢が高い場合も増加傾向にあるので、近頃は病気保障が付いた住宅ローンも出回るようになりました。

団体信用生命保険への加入が叶わずに住宅ローンの審査に通らない形になっても根気強く違う方法を探すことで状況を打開できる可能性があります。

その他、連帯保証人を用意できると審査の問題をクリアできることもあります。住宅ローンの審査基準がやや緩い金融機関も見つかりますので、いろいろ調べてみましょう。