Top > メニュー > 頭金の重要性

頭金の重要性

住宅ローンを借りる場合に、望んだ金額で審査が通らない場合が多くあります。それぞれの金融機関で最大の融資金額を定めていますが、大抵5000万円までであるようです。

5000万円以上融資してもらいたい場合は、充分な自己資金を所持ていることが求められます。大体の場合は、物件の評価額を目安にして融資上限額が決定されます。

物件評価額の8割くらいが融資可能金額に相当すると認識を持っておきましょう。つまり残りの2割を頭金として用意できないと、住宅ローン審査に通らない可能性があるということです。

現状では豊富な自己資金のない借り入れ希望者にも、評価額の全額を融資が可能な金融機関があります。けれども、頭金というのは予想以上に有用なのです。

頭金は借り入れ金額を減らす働きをしますが、期間が経過するとありがたみが分かります。例えば物件を売却する場合や住宅ローンの借り換えをしたいときなどに、頭金の効果が出てきます。

借りた時点では処分したり借り換えを行うことを考慮していなくとも、100パーセント問題が起こらないとは言い切れません。

売却や借り換えのどちらでも、頭金を用意しないと担保額がローンの残っている額より低いということになりかねません。

このような場合には、借り換え審査に通らない結論が出されますし、物件を売却しても残債を自己資金で払うということになります。

これらのことを鑑みると、住宅ローンには頭金が大切であることがわかるでしょう。

豊富な頭金を用意するとその分ローンの負担は軽減されますし、変更したい場合にも行いやすいため便利です。

長期固定金利で住宅ローンを組みたいと考えているなら、可能な限り自己資金を作りましょう。