Top > メニュー > 住宅ローンの審査通過には年齢が大事

住宅ローンの審査通過には年齢が大事

住宅ローンを申し込む場合には、年齢が大きく関わっています。

この年齢については、申し込みをする時点での本人の年齢とローン完済時の年齢が審査されるということです。

残念ながら住宅ローンの審査が通らないのは、申し込みの段階で20歳に満たなかったり、払い終える年齢が80歳を超えるという場合です。

20歳に満たないと、社会的な信頼性が少ないという判断になり、審査が通らないのです。また完済の時点で高齢になっていると、返済能力が低いと判断されてしまいます。

完全に支払いが終了する年齢が高いケースでは、金額を考え直したり融資期間を考え直すことにより判断が違ってくることもあります。

制限される年齢は、全ての金融機関で統一されているわけではありません。

一般的に完済時が70歳から80歳までで基準を定めているとされていますが、75歳以上になると通らないケースが増えるようです。仮に住宅ローンの完済時年齢が80歳まで問題なかったとしても、本来は定年退職の年齢で完全に返済を済ませたいものです。

それから、住宅ローンを借り入れできるのは、未成年ではなく70歳ほどまで申し込みが行えます。しかし、借り入れの年齢が高くなるほど完済までの期間が短いわけですから、スムーズな返済が難しくなってしまいます。

完済時の年齢が高いために住宅ローンの審査が通らないとなっても、手段は残されています。通称親子リレーという借り入れ方法についてですが、その名の通り親子で支払いをしていくというものです。

親子リレーならば、年齢制限に引っ掛かり審査が通らないときでも、住宅ローンの契約を交わすことができたりします。

申込者の子どもや親族に条件を満たせる人がいるとすれば、本人の年齢制限は問題なくなります。

このように、特定の条件は基準に達しなくても、対策が見つかる場合もありますから、妥協せず探してみましょう。